保存性の高い簡単な野菜の揚げ浸し

野菜の揚げ浸しというと会席料理の一品という高級なイメージを持っている人もいます。確かに高級料亭で供されることも多い料理の一つですが、家庭料理としても優れているものであり、作り慣れてしまうと様々な場面で活躍する料理です。性質として冷蔵しておけば長持ちする保存性の高さが挙げられます。そのため、常備菜として作っておくことにより、食卓にいつも一品を増やして野菜を食べやすくすることが可能です。また、夏のように暑い時期には冷たくしてある揚げ浸しなら喉が通るということも多く、夏野菜には作りやすいものも多いので夏の一品に適しています。基本的には使う野菜も自由というのが良い点であり、好きなものを選んでも、不足している栄養を補えるものを使っても構いません。簡単な作り方を覚えてしまえば応用性も高いのは料理として優れている点です。

基本的な作り方は野菜を切って油で素揚げにし、油を切ったら出汁につけ、粗熱が取れたら密閉して冷蔵庫に保管するというだけです。油で素揚げをするのが家庭で行うには手間と感じてしまう人もいますが、保存性が良いので毎日揚げる必要はありません。業務用食材の仕入れをして大量に作ってしまえば当面は揚げる必要がなくなります。作った揚げ浸しは小分けをしておけばより保存性が良くなるので小さめのタッパーをいくつか準備しておくと良いでしょう。熱湯消毒をした容器に密閉しておけば何週間も保存しておくことができます。出汁に漬ける時点でタッパーに移してしまっておけば衛生状態を保てるので安心して長期間食べることが可能です。

出汁を作るのが大変という人は調味料に工夫をするだけで簡単に作れます。液体だしやめんつゆをそのまま使っても美味しく作ることができるので便利でしょう。未開封のめんつゆなどを購入してきて、開封したときにすぐに漬けるのに使えば大量に作って保存するときにも雑菌などの混入が懸念されなくなります。業務用の調味料として大きなサイズのものも売られているので、野菜と一緒に購入しておけば一気に大量の揚げ浸しを作ることができます。常備菜として準備して野菜を食べやすい生活を送れるようにするのに適した料理として揚げ浸しを一度作ってみましょう。めんつゆで作るときにも少し生姜や唐辛子、違う種類の出汁を混ぜると味に多様性ができて飽きることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です