様々な野菜アレルギーとその原因

アレルギーを起こす野菜の代表的なものは、じゃがいもや人参、トマト、なす、セロリなどです。アボカドで症状が出る人もいます。個人差もありますが、生野菜や果物を食べてから15分以内に口の中がしびれ、次第に喉も腫れてくるというのが、一般的な症状です。さらに目がかゆくなったり、鼻水が出たりする場合もあり、重篤な場合は息苦しくなります。その他、下痢や嘔吐、顔や全身に湿疹が出ることもあります。

原因の一つが、残留農薬に身体が反応したという可能性です。キャベツやレタスのような葉菜類は、特に葉と葉の隙間に農薬が残留しますので、水でしっかり洗ってから食べる必要があります。水にさらせば、ほとんどの農薬を取り除けます。しかし無農薬のオーガニック野菜でも、同じような症状が出る場合は、野菜にアレルゲンがあると考えられます。例えばじゃがいも、人参、パセリ、セロリなどは同じアレルゲンを含んでいます。そのため、人参で腫れやかゆみなどの症状が出た場合は、パセリでも同じ症状を起こす可能性が高いです。またピーマンとリンゴも、同じアレルゲンを含むので注意が必要です。一度アレルギーを起こしたら、その時の食べ合わせを記録しておくようにすると、何がアレルゲンか推測できます。

さらに花粉症の人が、野菜アレルギーを起こしやすいことがわかっています。実は野菜アレルギーの原因となっているアレルゲンは、花粉症に含まれているタンパク質と構造や性質が似ているため、身体に同じ反応を引き起こします。
例えばスギやひのき花粉は、トマトが含むアレルゲンと似ています。じゃがいもや人参、パセリ、セロリなどがもつアレルゲンと似ているのは、シラカバ花粉です。さらにブタクサによる花粉症のある人は、メロンやスイカ、キュウリ、ズッキーニ、オオヨモギによる花粉症がある場合は、ピーマンやブロッコリー、カリフラワーなどに注意する必要があります。このタイプでは、花粉症を治療すると、野菜アレルギーも改善されます。その他、山芋の皮に触れると手がかゆくなる人は多いですが、山芋が入った和菓子で湿疹が起きるケースもあります。加熱されていても、皮膚に炎症が起きる人もいますので、食べる前に成分を確認することが大切です。またほうれん草で、かゆみが起きる赤ちゃんもいます。ひどい場合は、喉が腫れることもあります。そのため離乳食として与える時は少量からはじめ、問題ないとわかってからメニューに取り入れると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です