野菜の洗い方について

近年では無農薬野菜や有機野菜などを購入する方も多くなりました。
しかし常時購入することは決して簡単なことではありません。
次に紹介する方法で野菜をしっかりと洗うことができます。
それにより野菜や果物などの農薬除去にも役立つので安心して食べることができます。

野菜の洗い方に使用するのは重曹です。
重曹や掃除や料理まで幅広い使用用途があることで知られています。
天然の無機物質であり炭酸水素ナトリウムと呼ばれ優しい天然素材のため安心して使用でき体への影響も問題ありません。
お菓子作りや手作りコスメなどにも使用されるほど古くから重宝されてきました。
そんな重曹が野菜の農薬除去にすぐれた洗い方ができる理由は次の働きにあります。
重曹である炭酸水素ナトリウムは農薬の塩素化合物に炭酸水素ナトリウムのナトリウムにくっつくことで、塩に変化します。
塩化ナトリウムである塩に代わることで農薬を除去に効果的に作用します。

重曹で野菜の洗い方はとても簡単です。
まずは大きめのボウルを用意してください。
この大きめのボウル1杯のお水をいれます。
この大きめのボウル1杯のお水に対して小さじ1杯の重曹をよく溶かします。
これで重曹水の出来上がりです。
あとは使用する野菜や果物などを約30秒から1分程度このボウルの重曹水に浸すだけです。
時間が経過したら食材をボウルから取り出します。
ここでポイントです。
そのまま浸した食材を使用するのではありません。
重曹水に浸した食材を次は一度流水で洗い流すのです。
この過程までが正しい洗い方になります。
ただ浸すだけでいいのでとても楽ちんな洗い方です。
しかしそのままその場を長く離れてその間に別のことをしてボウルを放っておくのことだけは注意します。
決してそのまま長時間放置しておくことはやめてください。
重曹水にあまりにも長時間浸して置くことは食材の栄養成分であるビタミンが溶け出すことがおおきな理由です。
ですからあくまでも浸す時間の目安は1分以内に留めるのが賢明です。
柔らかい葉物のベジタブルなどはさらに浸す時間を短くします。
このように簡単に農薬除去ができる洗い方で食材そのものの美味しさを十分に堪能することができます。
皮付きのまま食べることが可能です。
その分栄養成分もしっかりと補うことができます。
重曹は食器を洗うのにも役立ちます。
実際に環境や体のことを考えてこの重曹を食器洗いに使用している方も多く見受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です