飲食店産業に重要な野菜を洗う手間の削減

人件費は飲食店経営を行うときに最も大きな出費になるものの一つです。フロアスタッフとキッチンスタッフを十分数確保しておかなければ来客に対して適切なサービスを提供できないのは明らかですが、過剰なスタッフを確保してしまうと赤字になる原因につながります。必要だからこそスタッフを揃えるということが重要であり、もしやらなくても良い作業があるのなら省いてスタッフを減らすのが賢明な判断です。このような観点からキッチンスタッフの人件費を削減する方法として野菜に注目する方法があります。生の野菜をまるまる安く手に入れて人の手で調理できる状態にまで作り上げるには労力がかかることが否めません。その人件費を削減するという視点が重要になります。

野菜を洗うのは調理をする上で必須と考えられていますが、既に洗ってあってそのまま使える野菜が手に入れば洗うのにかかる人件費を削減することが可能です。泥が多い葉物を洗うのには長い時間がかかることも多く、それが人件費を大きくしてしまうだけでなく、調理の効率も低下させていることは否めません。予め開店時間前に下ごしらえをしておくというときには料理の提供スピードには影響しないものの、余計に人件費をかけなければならなくなるのは明らかです。この対策として洗い済みのものを卸したり、さらには切ってあってそのまま調理するだけで良いものを調達したりするのは効果的な方法になります。冷凍保存可能なものもあるので大量入荷をして必要なときに速やかに解凍して直接料理に利用するように考えるのは効率を大幅に向上させる対策です。

合わせて考える必要があるのは美味しい野菜を卸してもらうことです。ただ洗ってある野菜を選んでしまったがために、それまでの野菜よりも質が下がってしまって料理の美味しさに問題が生じてしまうと来客が減る原因になってしまいます。卸の業者を変更するのなら洗う必要がないというだけでなく、今までよりも美味しい野菜を調達するということも考えて吟味することが大切です。それに加えて価格も安くなればメリットは大きいでしょう。通販によって気軽に注文できるシステムはその点で有用であり、価格や食材情報などについて詳しく記載されている状況で選ぶことが可能です。そのメリットに着目して流通経路の変更を検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です