市販の野菜ジュースから得られる効果

野菜ジュースには生の野菜の分だけ栄養をおぎなえるか。
市販の野菜ジュースで、生の野菜と同じ栄養を摂ることは難しいです。なぜならそもそも生の野菜と違い、加工してあるジュースは栄養素がその過程により壊れてしまうからです。中でも過熱に弱いカルシウムやビタミンc、酵素などはそのほとんどが失われてしまいます。特に過熱してから水で薄める「濃縮還元」タイプの野菜ジュースはこれらの栄養素がほとんど残りません。なので市販の野菜ジュースからは生の野菜そのものの栄養素をそのまま摂取することはできません。
市販の野菜ジュースで得られる効果もあります。
生の野菜に含まれるカロテンやビタミンEは脂溶性で熱に強く市販の野菜ジュースでもそのままの残っていることが多い栄養素です。同じようにビタミンBも市販品の野菜ジュースには含まれています。目や皮膚を健康に保ったり、美肌のため、健康的な生活を送るための栄養補助として効果があります。目的別にあった飲むタイミングもあります。ダイエット目的で飲む場合は朝がおすすめです。朝は空腹のため身体が栄養を欲しがっているため吸収しやすいからです。朝食をジュースに置き換えると昼までの時間は4~5時間なので空腹を我慢しやすいです。健康維持なら午前10時や3時のおやつに置き換えることをおすすめします。甘いケーキを食べるより、上手に栄養のサポートができます。ジュースを1日にどのくらい飲めばいいかですが、野菜ジュースにはカロリーや糖分を摂りすぎてしまうというデメリットがあります。トマトジュースには塩分も含まれているので高血圧のリスクもあります。1日に摂取するする理想の量はだいたいコップに2から3杯です。
市販のジュースでは過熱処理をしてあるの手作りのジュースを作ってみると栄養をとることができます。ポイントとして新鮮な野菜を摂取することです。新鮮な野菜を購入するためには野菜をインターネットで仕入れる。自宅にいながらも安全で新鮮な野菜が購入できます。飲みやすくするために、果物を入れます。そして農薬は完全に落とします。もし残留農薬が心配でしたら、家庭菜園でとれた野菜を使用するとより安心です。果物は熟したものをブレンドすることです。そうすることで野菜だけの水分ではなく果物の水分もたくさん含まれているのでジュースにしやすい利点があります。家庭用のジューサーを使って作ると手軽においしく安全にジュースを作ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です