気軽に提供できる野菜スティックを飲食店で活用

野菜を食べることを国家レベルでも強く推奨する時代になり、生活習慣病などの健康問題が浮上するようになった現代では野菜生活を望む人が増えてきています。普段から色々な野菜を食べるように努力する人もいる一方で、外食するときにくらいいつもよりは野菜が豊富なものを食べるようにしたいと考える人も多くなっているのが現状です。美味しい野菜を使っているメニューがあるというだけでも雑誌に特集されることがあるほどに人気があるのが飲食店での野菜の活用であり、飲食店経営を行っているときには積極的に取り入れていくことがメリットになります。

野菜料理はあまり得意ではないという場合でも気軽に提供できるのが野菜スティックです。適当な野菜をスティック状に切って盛り付けて提供すれば良いという簡単なものでありながら、料理としてバリエーションを持たせることもできる魅力があります。そのままで食べられる美味しい野菜を獲得して、あえて生でそのまま食べてもらうこともできます。一方、オリジナルのディップを作ればそれだけで色々な種類の野菜スティックをより美味しく食べてもらうことができるようになるでしょう。こだわりのあるディップを何種類も用意すると野菜スティックを楽しむのを目的にして来店してくれる顧客も獲得できる可能性があります。野菜には詳しくないけれどディップやソースになら自信があるというシェフがいる飲食店であれば、魅力的なメニューの一つとしてしまうこともできるのが野菜スティックです。

野菜スティックを定番メニューとして提供するようになると二つの問題が生じます。安定した野菜の供給が必要になることに加えて、その品質の高さが求められることになるのです。生のまま食べても美味しく、ディップに合うことも求められます。それを通年で手に入れられるようにするには流通経路の確保が重要になるのは明らかです。このようなときには業務用青果の卸の相談を活用するのが重要であり、自分のビジョンを伝えて安定供給を保証してくれる卸業者と提携するのが対策になります。その品質についての取り決めも行っておくと安心であり、産地などが変更になる場合には予めサンプルを提供してもらったり、高くなっても他の産地のものを探してもらえるような契約をしておいたりすることが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です