野菜生活を身近にするために

野菜生活を身近にするためにはまず野菜の美味しさに気づくことが大切です。
野菜嫌いの野菜生活は長続きさせるのも大変です。
野菜を好きになることで野菜が身近になり野菜生活へと無理なく自然に入ることができます。

野菜生活にはフランス生まれのおかずケーキであるケークサレがおすすめです。
ケークサレは見た目はケーキです。
野菜がたっぷりと入ったデリ風惣菜のフランス生まれのおかずケーキは見た目も華やかでパーティーメニューにもぴったりですが、小腹がすいた時の間食にも最適です。
甘いお菓子に手を伸ばさず野菜たっぷりのケークサレでヘルシーな野菜生活の間食が叶います。
混ぜて焼くだけの簡単ケークサレのレシピです。

オーブンは180度に予熱しておきます。
パウンド1台分の材料のレシピになります。
好きな野菜や家にある野菜など使用する野菜は自由です。
事前に野菜は火通しておきます。
例えばブロッコリーならレンジで加熱し、ベーコンなど野菜以外のものはフライパンで軽く炒めておくなどしてください。
ブロッコリー、玉ねぎ、ベーコンで作るレシピは、ブロッコリーが1個、玉ねぎ2分の1個、ベーコン2枚が分量になります。
卵2個分をボウルに割り入れたらそこに牛乳100cc、オリーブオイルを50cc、粉チーズ50gを加え混ぜます。
チーズはパルメザンやプロセスがおすすめです。
粉チーズでなくてもピザ用チーズなどお好みのチーズでかまいません。
そこに使用する野菜を入れます。
塩コショウを足し軽く混ぜます。
小麦粉100gとベーキングパウダー小さじ1杯を混ぜ合わせふるっておき、ボウルに粉類を入れ混ぜます。
さっくりと混ぜ合わせます。
パウンド型に流しいれ空気抜きのため2回から3回トントンと台に落とします。
オーブンで40分焼けば完成です。
野菜やチーズだけでなく、使用する油も自由ですのでお好みのものを使用できます。
牛乳を豆乳で代用するのも良いです。
いつもと違った野菜の楽しみ方で野菜が苦手の方も美味しく頂くことができます。
ただ野菜をあまりにも入れすぎてしまうと水分が多くなってしまうので気を付けてください。
お弁当や朝食、おやつにおかずにと大活躍のケークサレは家族全員で美味しく食べることができ栄養満点です。
余った野菜ですぐに作ることができる手軽さもおおきな魅力です。
ケークサレで野菜のすばらしさを再発見し野菜生活をもっと身近に感じることができるメリットは大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です